>コラム>税に関するプロフェッショナル【税理士に頼って会社設立】

税に関するプロフェッショナル【税理士に頼って会社設立】

電卓

税理士に依頼できる業務内容

税理士に依頼できる業務とは、申告前の会計処理相談、確定申告手続き、税務調査対応が主な業務になります。少し興味深い事実として、大阪を始めとした関西流と東京を中心とした関東流があることです。特に税務調査対応が顕著になって表れてきます。大阪は大阪国税局管内(ほぼ近畿圏内)を任されています。東京は東京国税局管内、関東甲信越地域は関東甲信越局管内として管轄業務が違うことです。いかに税法は日本国内全域に支配的であっても、管轄地域によって運用と業務は行政裁量に委ねられています。東京国税局管内は税務調査で裁判闘争まで行く事案は少なくありません。関西流はいくら税金でもおカネの話だからという理由で、妥協点を探り納得する範囲で収めようと試みます。裁判闘争まで持ち込んだら、あとあと面倒くさいという意識が強く働いているようです。

女性

税理士に依頼するメリット

税理士は税務のプロフェッショナルとして日夜研鑽を積み重ねています。いかに専門家でも日頃の研鑽を怠ると、業務に反映します。特に納税は国民の義務になっているため、あまり大雑把な業務を行うとあちの危険が高くつくからです。地域格差はありますが、大阪の場合は中小企業は確かに多いですが、個人商店が膨大な数です。特に「食道楽」など呼ばれた歴史もあり、飲食業はすごく多いです。よく水商売は飲食業を指していうとされていますが、飲食業ほど経費判断が難しいです。税理士はクライアントとの関係で業務遂行しますから、飲食業に精通した税理士はある意味で百戦錬磨と言えるでしょう。モノを売る商売もあれば、サービスを売る商売もあります。金額計算として数値化して、決算に追い込まなくては、申告書が書けませんから、税理士の専門分野をよく知っておきましょう。

広告募集中